豊田・みよし 本店 0561-34-2778
モレラ岐阜店 058-372-3702
2021.03.18
iPhoneの色褪せ  1

こんばんは、tempooモレラ岐阜店です。

本日はiPhoneの色褪せについてです。

 

 iPhone11とiPhone12 一部のモデルの色褪せ?

Svetapple.skの報告によると、主にiPhone 12のPRODUCT(RED)に関するもので、

端末の側面が明るい赤色からオレンジ色に色褪せているそうです。

そのiPhoneはケースで保護されていると説明されているので、色が薄くなる原因

は摩擦の問題ではないと記載されていました。

 

 色褪せの原因

(以下コピペ)

 原因①直射日光説 

色褪せの原因のひとつである「直射日光に長時間晒す」を考えてみました。

着色されたアルミニウムは、紫外線が当たるような場所で長時間利用していると、色褪せする可能性があるとMacRumorsのフォーラムでも語られていました。ですが全世界で流行している新型コロナウイルス感染症によるロックダウンや外出自粛、加えて冬の寒さで外出するのが億劫なこともあって、そのようなシチュエーションはないと思われます。

 原因②ケース素材と化学反応説 

次に考えられたのがケースに採用されている素材との化学反応で、色褪せしてしまったのではないかという 説です。

iPhone12を購入と同時にケースを購入し装着していることから、全体的に色褪せすればケースとiPhone12の化学反応と理解できるのですが、スピーカーやマイク、ライトニングコネクタ部分など他の場所は色褪せてないことから、化学反応説もないといえます。

このような色褪せが他のユーザにも現れていないか、Svetapple.skのスタッフがAppleサポートフォーラムをチェックしてみると、iPhone12ではなかったもののiPhone11やiPhone SE(第2世代)で、しかもレッドモデル以外にも発生している投稿を見つけたのです。

 

Appleによると、

デバイスの性能に影響がない

ため修理対応できないそうです。

 

しかし、tempooモレラ岐阜店は対応できます!!

端末内部をハウジングいたします。

色褪せ修理をご希望の場合は、ご一報くださいね。

お待ちしています。