豊田・みよし 本店 0561-34-2778
モレラ岐阜店 058-372-3702
iPhoneの色褪せ 2

こんばんは、またまたtempooモレラ岐阜店です。

 

修理対応不可、色褪せの原因は現状不明とのことですが、

色々調べていると 面白い見解をしている方がいらっしゃいました。

結論から言うと色褪せの原因は磁力が影響しているというものです。

(以下 一部 抜粋)

iPhone 12シリーズの外装に採用された金属部分は、iPhone 12とiPhone 12 miniにアルミ素材が用いられ、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxにステンレスが採用されている。

自動車や自動車の塗膜に興味のある人であれば、もうお分かりだと思うが、この現象は磁力が影響している可能性がある。

アルミ素材の上に水性塗料を噴きつけてカラーリングを行った場合、塗料の色を調合する際に用いられたベースカラーによっては、磁力の影響を受ける場合があるのだ。

一番分かりやすい塗装であれば、パールといわれるクリア塗装をベース塗装の上塗りとして使用した場合である。

光が当たるとキラキラと輝くパール塗装は、クリアの塗料の中に金属フレークを混ぜたものである。この塗料は、塗装が完全に乾いた状態でも磁力に影響を受ける割合が強い。

例えば、磁石で貼り付けるタイプのステッカーをボディから剥がすと、その部分のパールは光を反射せず、全体的に黒ずんだ印象を与える。

この現象は、様々な向きに固定されて輝いていたパールが、磁力の力で同じ方向を向いてしまったことによって引き起こされるもので、しばらくすると元の塗装状態に戻る。

明るい色合いに仕上げるために混ぜられたベース塗料に、磁力の影響を受けるも

iPhone 12シリーズの塗装面が変色することに関しては、それが磁力の影響を受けているものなのかについては不明である。しかし、ガラスで圧着された背面のカラーリングが色あせていない(圧着すると塗装が動かないため色が変わらない) ことや、そのほかの材質が使用されている部分の色に変化がないことを考えると、磁力が影響している可能性はある程度大きいように感じる。

 

iPhoneとMagSafe充電器をくっつける磁力はかなり強く、充電器のケーブルを

持ってiPhoneをぶら下げられるほど強いそうで、

また、磁力により充電箇所がズレないメリットはあるが、

外しづらい欠点があるそうです。

 

iPhone12や11、SE(第二世代)はワイヤレス充電対応に端末です。

もしかしたら、iPhone11からのカラーリングは

磁力の影響を受ける塗装を採用しているかもしれません。

そのため、MagSafeに限らずワイヤレス充電をしている方々の端末が

色褪せしているのかもしれません。